多感な青年期の高校受験生が抱える悩みは?それは集中力!解決策は?

なかなか難しい集中力

高校受験の時期は、人間関係や恋愛・社会に対する矛盾などの多感な青年期ですよね。

その上、情報がすぐに入手できるスマホやパソコンを所持しているので、気になることにすぐに着手できてしまう状況です。

その環境の中で、考え事がたくさんあると集中力が続かない…勉強がはかどらない…焦ってしまい、更に集中できない。
受験勉強多くの受験生にとって自らすすんで取り組めるというものではないと思います。

周りの人の話し声や会話内容、雑音や若しくは眠気、思うように勉強がはかどらないことへの焦りやストレスで集中できないということは、受験を経験している方は理解できるでしょう。

最近では、集中するためにスマホで好きな音楽を聴きながら勉強するという子が多いようです。

しかし試験中はペンが走る音しか聞こえないような静かな環境下なので、曲を聞かないと脳が試験リズムに乗れないというようなことがないようにしなければなりません。

受験生にとって、勉強に集中力を持続させるかはとても重要です。

「がんばって!」と応援の言葉を言われることさえも苦痛にもなることがあるので、勉強の集中力を高めるために、リラックスして勉強に集中できる環境作りをしてみましょう。

勉強のヤマ場は寒い冬に集中

 

風邪をひくからと寒さ対策を暖房器具に頼りすぎると、暖かい空気は上の方に集まり、冷たい空気は下の方へ集まる性質から、暖かい空気が頭の方に集まって眠気につながり、受験勉強の邪魔になってしまいます。

効率よい作業をするためには、一般的に「頭寒足熱(ずかんそくねつ)」を意識した寒さ対策がすすめられています。

頭を涼しくして、足下には大きめの膝掛けをかけたり足のみヒーターを置いて、足を暖かくすることが体に良いとされているので、受験生が集中して勉強するのには良い方法だと思います。

学習塾を探すならインターネット自宅学習システム「e点ネット塾」

勉強中、脳にエネルギーを!

 

本番の試験中に喉が渇いても飲食することはできませんが、自宅での長時間の受験勉強中の場合は、飲食をすることもあるでしょう。

その飲食でお腹いっぱいになってしまうのは逆効果なので注意しましょう。

水分

まずは、温かいもの。そして、ブドウ糖は脳のエネルギー源なので甘いもので、勉強中に適度に栄養補給をするのは効果的です。リラックス

温かい牛乳やカフェインを含まない麦茶などがおすすめですが、カフェインを含んでいるコーヒーや紅茶は、覚めの効果はあるかもしれませんが利尿作用がありますし、飲みすぎは若い体には胃を痛める原因になるかもしれません。

ミネラルの補給もできるホッとスポーツドリンクがおすすめです。

小腹が減った時

食べる時間にもよりますが、おにぎりやラーメンは小腹を満たすにはカロリーが多すぎます。

その点最近話題になった、「チョコレート」などはおすすめです。

チョコレートにはテオブロミンという物質が、集中力・記憶力を高め、物質が含まれていて、自律神経を調整する作用もあるため、リラックス効果があります。

脳科学者の澤口俊之氏の実験

 

首元への特別な清涼感で集中力アップされるという画期的な実験

首元Vゾーンへ(耳裏から首筋へかけて)塗布したグループは、そうでないグループに比べて、ワーキングメモリー、選択的注意、計算速度といった学習能力が有意に向上するという結果が得られたようです。チェック

集中力を高めるグッズとして、安価ですので一度試してみてはいかがでしょう。

香りの種類も豊富なので、好きな香りでアロマテラピー効果も狙ってみてはいかがでしょうか。

澤口先生監修「デオ&ウォーター」は種類豊富